借地権の名義変更

契約借地権を相続した場合、まず地主との借地契約の内容を確認しないといけません。さらに、借地契約書が紛失してしまう場合もあれば、契約が交わされていない場合もあるでしょう。この場合は新たに借地契約書を作成しないといけません。相続をしただけでは家の名義が変わらないというのがポイントであり、名義変更を忘れてはいけません

ただ、具体的にどういった手続きを行ったらよいか分からない場合は、底地取扱店に相談するのが最も確実です。誰の名義となっているのかを確認したうえで適切な対応が必要になります。さらに、借地権の相続は譲渡ではなく、更新の際に費用がかからないのも特徴になります。更新料や名義の変更料などを要求される場合もあるものの、支払う必要はないものです。ただ、法定相続人以外の第三者に遺贈する場合は譲渡承諾料が必要です。

どういった対応をすべきかを知ることでトラブルも少なくなり、さらには損をすることもなくなっていくものです。適切な対応はそのときどきで変わるのは間違いなく、トラブルを避けて地主との良好な関係をつくるという意味においてもまずは底地取扱店に相談するのが肝心です。トラブルになってから対応するのではなく、事前にトラブルにならないようにするのが大切になります。