借地権の相続

地主から借りている土地の借地権を売却したいと思ったときにどうすればよいか分からない人もいるでしょう。あるいは、相続をしようと思ったときの対応も同じように分からない人も少なくないはずです。借地権に関して分からないことが多いのがトラブルにつながることも少なくありません。そもそも、借地権にはいくつかもの種類があり、その種類によって対応も変わっていきます。相続に関してのトラブルは特に多いのが特徴です。ただ、土地を借り受けた被相続人が死去された場合、残された家族が借地権を相続することができます。借地権も相続の対象になり、新たに借地権の契約を交わす必要もありません。ただ、借地権者がいないのなら、土地の返還を求められることも少なくありません。これがそのままトラブルの理由になってしまう可能性もあるため、書面で通知するのがひとつの方法となります。

借地権借地権が相続できるからこそトラブルが多くなるのは想像に難しくはないでしょう。裁判沙汰になることも少なくありません。非常に重要になるのが借地権の売買を行っている底地取扱店への相談になります。借地権はトラブルになることも少なくないため、取り扱いを嫌がる不動産会社もあるのが事実です。新たな借主の名義の変更手続きを行うことを地主に伝える必要はあるものの、名義変更料といった支払いはありません。ただ、地主から請求されてしまうこともあるのが事実です。

法律関連に詳しい底地取扱店への相談は非常に重要になります。ここではこの部分に関しての解説をしていきます。売却するにしても相続をするにしても、肝心となるのはどういった契約を結ぶかであり、行き当たりばったりの対応は避けないといけません。